デンタルマジック┃歯医者でインプラントや歯周病を治療する歓び

先生

人工歯を固定

インプラント治療の今後

ホワイトニング

失った歯を補う治療法はいくつかありますが、今後はインプラント治療が主流になっていくことでしょう。なぜ、インプラント治療が主流になるのかというと、当然、優れた治療法だからであり、尚且つ、天然歯と同等レベルまで再現できるからです。 インプラント治療は、歯を失った場所に人工歯根を埋め込み、その人工歯根に人工歯を装着するという治療法になります。この構造は天然歯と非常に良く似ており、しかも、埋め込んだ人工歯は、しっかりと顎骨に固定されています。ですから、天然歯と同じ機能、そして感覚を取り戻すことができるのです。 他の治療法ですと、歯の外見は再現できても、噛むという歯の重要な機能は再現困難なのが現状です。従って、群を抜いてインプラント治療は優れた治療法であり、それ故、今後、主流になることが予想されるのです。

高額な治療費がネック

但し、インプラント治療は現在、大きな問題を抱えています。それは、治療費の問題です。インプラント治療に保険は適用されるのですが、保険適用範囲は極めて狭いものとなっており、ほとんどが保険適用外の治療として行われているのです。そのため、インプラント治療の治療費は平均すると1本あたり30万円程度となっています。この問題が解決されない限り、インプラント治療が広く普及することは難しいと言えるでしょう。 ただ、インプラント治療に保険適用が認められたのは、ごく最近のことです。つまり、最近になって、その価値が認められたということです。その事実を考えれば、今後、保険適用範囲が拡大することが予想されます。 現在、高額な治療費に対応する有効な方法は、医療費控除を受けることです。医療費控除を受ければ、税金の面で優遇されますので、実質、医療費の負担は軽減されることになります。