デンタルマジック┃歯医者でインプラントや歯周病を治療する歓び

先生

オーラルケアとは

オーラルケアの実態

医療器具

オーラルケアとは、口腔内を清潔に保つことによって健康な歯を維持することです。しかし、オーラルケアは未だ浸透しているものではありません。日本の30歳以上の約80パーセントが歯周病にかかっているといわれ、それにもかかわらずオーラルケアのために自発的に歯科にかかる人はわずか2パーセントに過ぎません。 オーラルケアのための受診は保険適用外であるため患者側の負担が大きく、どうしても患者数が減ってしまうとの懸念から歯科側も取り入れることを躊躇する傾向にあります。そのため、気軽にケアに取り組むという風潮が生まれにくく、さらにオーラルケアを実施する歯科が減っていくという悪循環にはまりつつあります。 しかし、口腔ケアは口の中だけの問題ではなく、将来的に全身の健康に影響を及ぼすことがわかっています。将来を見据えれば、今からケアに取り組むことが重要であるということを広く認知させる必要があるのです。

オーラケアという企業が目指すもの

予防歯科、オーラルケアは様々な疾患の予防に繋がります。オーラルケアを広めることは、将来的な医療費の削減、働き続けられる高齢者人口の増加に直結しており、株式会社オーラルケアは、このように日本を支える大きな力となりうる新しい歯科医院への通い方を提唱しています。 この企業では、ミッション・約束、バリュー・価値、ビジョン・将来の可視化の3つを軸に、最新の予防歯科導入、実践をサポートするためのセミナーや講演会を数多く行っています。歯科先進国ともよばれるスウェーデンなど諸外国から招いた講師に学ぶ機会の提供や、スキル習得にシステムづくりと現状に沿ったサポートを行います。 今後、この株式会社オーラルケアの活動によって少しずつオーラルケアが浸透していくことが期待されます。それは、日本という国の活性化に繋がっていくのです。